女の人

30代でも綺麗になれる化粧品の賢い選び方必見

上手なスキンケア法

化粧水

誤ったスキンケア

どんな化粧水でも、上手なスキンケア方法で行なわなければその効果は弱くなってしまい、大変もったいないことになることもあります。効果が半減され保湿力もなくなり、肌の潤いが保てない悩みを抱えることになる可能性が出てくるので注意が必要です。どのような方法が上手なスキンケア法となるのか、それはタイミングと化粧水やクリームや乳液の使う順番をしっかり守って使うことです。洗顔をした後やお風呂上がりの後スキンケアを行ないますが、それを30分以内に行なわなければ効力が30パーセント落ちてしまうといいます。そしてまず肌につけるのは化粧水です。たっぷりとつけて肌に浸透させるのですが、その後保湿を維持するためにすぐにクリームや乳液をつける人がいますが、それは化粧水の効力を失わせてしまうため、すぐにつけることは良くありません。

肌の潤いを保つやり方

上手にスキンケアする方法とは、洗顔やお風呂上がりの後の30分以内に化粧水をつけ、つけた後は3分そのままにして肌に馴染ませます。そして3分ほどたってから乳液やクリームをつけることで、肌の保湿を維持させることができるようになります。せっかちにクリームや乳液をつけると、それらは油なので化粧水の水分を弾いてしまうのです。肌に浸透する前にはじかせてしまえば、化粧水の効力を肌から外に追い出してしまうことになるのです。それでは保湿の意味がありません。さらに保湿の効果を高めるために、化粧水をシートマスクに浸透させ肌につけてパックすると、よりみずみずしい肌にさせることができるようになります。そのときも、3分経ってからクリームや乳液をつけることで肌の潤いを保つことができるようになります。